7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎の国、アルバニアへ。
オフリドで休養した翌日。


マケドニアから西隣のアルバニアへ抜ける。
アルバニアは数年前、国民の大半がねずみ講に入り、国が破綻してしまって、ヨーロッパ諸国の中では最貧国である。
…ねずみ講て!!
と、とりあえずつっこんでしまうけれど、なんだかコワイ。(笑)

更に先月大統領選が行われ、治安が心配だった。


しかし!!


アルバニアは結果から言うと、とても平和だった。
確かに首都ティラナ意外の町は、哀愁漂う荒廃感が漂っていたりはする。
けれど、人びとは陽気で、人懐こいし、世話焼きだ!
道端で外国人が困っていたら、必ず誰かが声をかけて助けてくれる。
そして、美しい大自然。
治安の悪さは一度も感じなかった!


まずオフリドから、600m程の峠を越えて、アルバニアの国境へ。
やはりスタンプはなし、データ入力のみだ。

後は突然眼下に赤茶けた山々と、小さな村、そこから続く渓谷が、
バーーーーン!!!!
と飛び込んで来た!!
IMG00460.jpg
IMG00458.jpg
IMG00457.jpg

おおお!
めっちゃ絶景♪


そこからつづら折のダウンヒル♪
最高な気分♪

後はひたすら、小気味良いアップダウンを経て、あっという間に昼過ぎ、エルバサンの町に到着!
IMG00461.jpg


ここで、首都ティラナへは、電車かバスで抜けた方が良い、とこないだのサイクリストカップルに勧められていた。
治安の悪さではなく、道がおもしろくないし、悪路だから、と言う理由だった。
後、ここをカットすると、ティラナ以降のルートが、スムーズになることもあった。
検討した結果、バスで自転車ごと、ティラナへ移動することにした。

エルバサンでさて、どうやって情報収集するかなーと歩いていると、おっちゃんが来た。
おっちゃんは英語は話せないけど、どうやら何か困っているの?聞いてくれたようだ。

電車かバスで自転車ごと、ティラナへ行きたいと言うと、通訳に両替屋のお姉ちゃんを連れてきて、コミュニケーションできた(笑)

おっちゃんは理解して、電車はないので、バスが良い、付いてきなさいと、自転車で導いてくれた。
連れてきて貰ったのは、乗り合いバスの乗り場。
運転手に交渉までしてくれて、自転車代込みの約500円でティラナまで行けることになった。

その間も、冷たい水をくれたり、両替を手伝ってくれたり、何かと世話を焼いてくれた。


お陰で、スムーズにティラナまで移動することが出来た。

爽やかに自転車で走り去るおっちゃんに、バスから思い切り手を振った!!
ありがとーございました~!


さて、ティラナ。
アルバニアとは言え、首都やし、めちゃくちゃ都会。
都会はあまり観光する気になれないので、
バスから降りると、観光スポットをサクッと観ながら、ホステルに向かった。
ホステルの近所と思われる場所で地図を見ていると、やはり若い男性が来て、何か困っていますか?と尋ねてきた。
するとたまたま、僕はそのホステルのスタッフなんだよ!
このへんににホステルはここしかないからね!と、友達とカフェにいるところだったけど、私をホステルまで連れてきてくれた。
頑丈な電子ロックの門が空くと、屋上テラスから、
ウェルカ~ム♪
と、歓迎の声が(笑)
それは、ホステルのオーナーのお姉さんで、彼女はこないだここからパリまで自転車旅したので、めっちゃ大歓迎されたのだ(笑)、
更にホステルのHPに載せると言って写真迄撮られ(笑)、そのままチェックインした。
このホステル、何年後かには、チャリダー宿になっているかもしれない(笑)!

色々ティラナの観光スポットやら教えて貰ったけれど、もうすでに来るときに通って観ていたので、その日は早めに眠ってしまった。


最終日。
朝早めに出て、街を抜ける迄ひたすら交通量の多い国道を走る。
路肩はなくて、しかも舗装の時にそうなるのか、ちょうどチャリが走るラインにタイヤ幅の溝が出来ていて、タイヤがはまる。
地味にとても危ないので、めっちゃイライラする(笑)
まぁ仕方ないけど、なぜこうなるのだろう?


街を抜けると、とても長閑になった。
しかし、国道のくせに未舗装w
と言うか、舗装中?
中断中?(笑)のようだ。
わたしはオフロードはわりと楽しめるので、テンションは上がった♪
けど、上がりすぎて、5キロ程行き過ぎてしまった!!(笑)
IMG00462.jpg


昼過ぎ、レジャと言う街を抜ける。
更に長閑になり、美しい田舎道を走る。
IMG00463.jpg
IMG00464.jpg

すると突然、明らかに地元民のおっちゃんが並走してきた。
なんか知らんけど、競争しながら、キャンプ場の場所まで送ってくれた。(笑)
お陰でスムーズに、94キロ地点のキャンプ場到着!


ここがまだ出来たてほやほやのようで、安いし綺麗だし、最高だった!
キャンピングアルバニアと言うところで、一人と自転車で3.5ユーロ!!
Wi-Fi有り、綺麗なシャワールームもあるし、なんと日除けのタープが設置され、この時期にはかなり有難い!!


アルバニア最後の夜は、素敵キャンプ場でワイン飲みつつ、優雅に過ごした☆
IMG00466.jpg
IMG00465.jpg
スポンサーサイト
copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。