7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム人ってば強すぎや。
ホイアンからさらにバスで24時間。

ベトナム一栄えている町、ホーチミンへ。

かつてサイゴンと呼ばれ、ベトナム戦争の最後の舞台になった場所。

CIMG0928.jpg

でも。。。。。
とりあえず疲れたww
24時間はちょっとしんどかったみたいw
ぼろぼろになりながら、デタム通りのミニホテルへチェックイン。


ところが!!ホットシャワー出るゆうたのに出ない!!
いいねんけど一泊6ドルも出してるし、なんせスタッフの対応が悪い!!

折角といた荷物をまとめ、キャンセルして、近くのきれいな宿へ。
疲れているときくらいは綺麗なちゃんとした宿に泊まりたいものだ。

そこは対応もよく部屋も綺麗で10ドル。。。高いけどもうええわ。。。一人5ドルで疲れが取れたらええか~と自分を説得してみるw


一先ずこの日は爆睡!!w

次の日は超快調だった!!無理してホテル変えてよかった!!

この日は朝からクチトンネルへ。

ここはベトナム戦争でベトコンが掘った200kmに上る穴が見れる。
CIMG0932.jpg
CIMG0944.jpg


アメリカの有名な枯葉剤攻撃も、このクチトンネルには歯が立たなかったという。


実際入ってみた。
CIMG0937.jpg
CIMG0951.jpg



めっちゃ狭い!!!!!!!!!!!



ちょっとおっきめの白人さんはひいひい汗を流して通っていた。

こんな時、アメリカ人はどう思っているのだろう???

べトナミンはもうアメリカ人を恨んではいないのだろうか。。。とか思ったけど、そんな様子は一切なかった。
現にここにはもう、たくさんのアメリカ人旅行者が訪れていて、実際べトナミンは親切だと感動の声もあるという。


とにかくクチトンネルには生活区、作戦会議室、アメリカ兵用の罠などがあり、ここで数年間すらしていたのかと思うと、20mほど歩いてひいひいゆってる我等現代人には想像もできなかった。


そりゃこんな根性で攻められたらひとたまりもないやろうな。
小さいアジアの国がアメリカという軍事大国に勝った理由を体感したような気がした。
CIMG0946.jpg
CIMG0953.jpg
CIMG0929.jpg
スポンサーサイト
古都ホイアン
因縁のフエからバスで3時間、こちらも世界遺産の古都、ホイアンにやってきた。

昔、江戸幕府が鎖国するまでは、日本人街があり、約1000人の日本人が住んでいたという。

その後は華僑が住んでいて今では中国文化がほとんどなのだが、堤燈等は恐らく日本文化の名残なんちゃうかなあ~と適当に思ってみる。。。


午後六時過ぎ、ゲストハウスにチェックイン後、町を散策。

人々がハロー~~!!と声をかけてくる。

商売目的の人もいれば、外国人に対する好奇心でかけてくる人、様々だが、とてもみんなあったかい。

私はこの町が気に入った。

シントーやのおばちゃんは、英語が話せないけどずっと私に話しかけてくれる。
みんなにこにこしている。
道を尋ねれば、快く親切丁寧に教えてくれて、おまけに花が咲いたような笑顔。
気がつけば自分もとびきりいい笑顔になっていることに気づき、嬉しくなるのだった。

都会過ぎない街の雰囲気も、よかった。


翌日。ミーソン遺跡へ。こちらもまた世界遺産だ。

チャンパ王国時代に築かれた建物で、クメール様式というカンボジアのアンコールワットとおなじ建築様式。
規模もアンコールワットに匹敵するくらいあるといわれているらしいが、今となってはその何十分の一しか残っておらず、半日あれば回れる。


天気も何とか回復し、とても良かった。

アンコールが楽しみだ。



CIMG0906.jpg
CIMG0917.jpg

来遠橋
日本文化の名残
CIMG0918.jpg

大洪水inフエ


ハノイから超快適な夜行バスで11時間。

ベトナムの中部に位置する、かつてグエン王宮があった古都、つまるところ日本で言う京都的存在の、フエにやってきた。


しかし!!!!!天気は雨。てゆうか洪水!!!!



観光どころじゃない!!!!!!!



とりあえずGHでだらだら他の観光客と喋ったり、パソコンいじったり、漫画よんだり。。
なにしてるんやろ。。。;

結局、王宮へはまさよしだけ行った。

私はというと、足にちっさい怪我があって、それにバイキンが入ったらあかん!!!とかゆってまさよしのドクターストップがかかり、中止。。部屋でこれを書いている。

フエは個人的に楽しみにしていただけに、ほんまにショック。。。

でも洪水なんかめったにお目にかかれへんし、ちょっとネタ出来て嬉しいけどwwCIMG0875.jpg


でも王宮に行きたかった~~~~!!!!!;

因みにフエ名物の麺料理。柏餅みたいな団子を食したが、これもめっちゃくちゃうまかった!!
って食べ物ばっかりやなあ~~スイマセンwwCIMG0871.jpg
CIMG0872.jpg


あ~~~暇っ!!w
行列のできるフォー屋とハノイ観光
ハロン湾から帰ってきて、ベトナム一おいしくて、ベトナム人の行列のできるフォー屋へ。CIMG0849.jpg
CIMG0852.jpg

これがまたびっくりうまい!!!!10000ドン(70円)
家族経営で作るのがスーパー早い!!!!
もしかしたらみんなサイボーグなのかもしれない。


その後みんなで大聖堂へ。CIMG0857.jpg


ハノイとは明日お別れだ。

大聖堂は丁度ミサの真っ最中で、多くのべトナミンで賑わっていた。
シクロのおっちゃんもお祈りしてた。


そしてハノイの旧市街のランドマーク?ホアンキエム湖。綺麗にライトアップされていた。CIMG0859.jpg


最後のGHチームでのビアホイ。
カエルのフライもおいしかった。


翌日。

朝からカンボジア大使館へ。次の国カンボジアのビザをゲットしに行く。

近所にベトナムコーヒーの屋台を見つけ、5000ドン(35円)で練乳入りのコーヒーを飲む。
これがまた最高にうまい!!CIMG0863.jpg


更にホアロー収容所へ。
ここは第二次世界大戦時フランスがベトナム人を収容した施設だったそうだ。

当時実際利用されていた風景が、結構リアルに展示されている。CIMG0864.jpg
CIMG0865.jpg
CIMG0866.jpg
CIMG0867.jpg

色々な事を考えさせられる場所だった。

お次は「チェ」!!!!

これはめっちゃうまい!!ベトナムっこ一押しスイーツ!!CIMG0849_20071031130127.jpg
CIMG0868.jpg

カキ氷の氷を少しずつこの中に入れて混ぜながら食す。練乳が底に入っている。8000ドン。(56円)
屋台にはハエがぶんぶんたかっていて、それでも何度も足を運んでしまった。

ハノイはとても良かった。都会の喧騒と、べトナミンのパワーが感じられた。
ホーチミンとどんな差があるのか、楽しみに思う。
ハロン湾で寝る
ゲストハウスのツアーで世界遺産、ハロン湾へ1泊2日旅行があったので申し込んだ。

一人4食付27ドル。安。ゲストハウスの日本人2人も一緒だ。

ここで引かれたのは、船内泊出来ることだ。


朝7時。バスに乗り出発。

お昼の12時半にハロン湾に到着。CIMG0820.jpg


船内で昼食。CIMG0821.jpg


船は広い湾の中を進む。かつて竜が降りたという伝説があり、岩の細長い山が、海から2000個にょきにょきと生えている。


天気もよく風も最高に気持ちいい!!CIMG0836.jpg
CIMG0846.jpg
CIMG0825.jpg

ここでビアホイがあればなあ、、、

途中下船し、洞窟へ。CIMG0826.jpg
CIMG0829.jpg
CIMG0831.jpg
CIMG0832.jpg
とっても広い。しかし何故か洞窟に噴水があるww
これは。。。。人工。。。。やめたほうがええんちゃうかな。。。
そんでへんなライトアップ。。。ww

まあ洞窟はそんな感じで、お次はカヤック。

まさよしと二人で意気揚々と乗る!!が!!日が沈んで暗い!!!;;
明らかに予定時間過ぎてるやん。。。w


晩御飯は船内。奮発してビールを頼む。CIMG0835.jpg

更にガイドが、「明日は6:30からスイミングします!!」とか言い出すww朝練やんww


甲板でイギリス人の男女4人と仲良くなり夜中まで話した。
残念ながら星はあんまし見えなかったけど、久々にリゾート気分でとても心地よかった。
copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。