7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲロバスでGO!!
ルアンパバーンから16時間。

公衆バスでタイとの国境の町フエイサイへ。


この間は山間部の移動なので、めっちゃ寒い!!!!

Tシャツにフリース、マフラーにブランケット、いつもはビーサンやけどこの日はスニーカで挑む。

それでもおんぼろバスは隙間風が常にぴゅーぴゅー吹くモンやから意味なしww

更にシートは鬼狭いし、ろくに舗装もされてない。バスは飛んだり跳ねたり。
現地人達がゲロゲロ吐く音が響く。。。。

何故か吐く音ってゆうのは、ipodガンガンに聴いても聞こえてしまう。。。

でもあんまりにも眠たくて、私はずっと寝てましたww

まさよしはぜんぜん眠れず、可愛そうにずっと寒くて震えてたらしいww

そんなこんなでめでたくフエイサイ到着。


トゥクトゥクで10分くらい走り国境を船で渡る。

あっさりタイ入国。

そっからまたバスに乗って、6時間。タイ北部の町、チェンマイに到着。

一日で25時間バスに乗っていたことになるww

その日は早めに寝て、今はもう元気!!
ゲストハウスでこれを書いている。

ここはNATゲストハウスってゆうとこで綺麗やし水シャワーやけど二人で150Bと安い。

そしてなんといってもタイは飯がうまい!!

多分タイ一うまいパッタイ(焼きそば)屋を発見!!20B。

チェンマイ名物のカオソーイもココナッツカレーに麺って感じで美味。


スポンサーサイト
世界遺産の町ルアンバパーン
バンビエンからバスで7時間、ラオスの北部にある古都、ルアンバパーンへやってきた。

ここは古都自体が世界遺産に指定されていて、町全体がきれいだし、ゆったりとした、それで居て大勢やってくる白人ツーリストのためにおしゃれな町並みで、雰囲気がよい。
もちろん大人しいラオスの人々にも癒される。


この町に我々は一週間位滞在する予定だ。

この後ボートでタイへ抜けて、タイ北部のチェンマイからバンコクまで下ってくるルートだ。


早速、プーシーという丘の登ってみた。

↓の写真のてっぺんがプーシー。CIMG1320.jpg
CIMG1326.jpg
CIMG1327.jpg

結構あっさり登れた。ここからはルアンパバーンの街が一望できたが、夕日がきれいな時刻になると、ギャラリーが増えて、日本人ツアーのおばちゃんにラオス人に間違えられて、びっくりされたw

夜になると市場があって、賑わう。

食堂は一皿におかずとご飯いくらでも盛り放題50円。
みんなで誰が多く、そして美しく盛れるか競い合ってみた。
右下が私。美しさ部門で一位にwCIMG1332.jpg


ふと謎の人形を売るおばちゃんの屋台に遭遇。
かなり不思議ww
我々は暫くツボって、楽しませてくれたので、3体購入したwCIMG1334.jpg
まったりバンビエン
ビエンチャンから超せまい民間バス25000kip(約300円)で、5時間走り、
バンビエンというのどかな村に来た。CIMG1268.jpg
CIMG1269.jpg


ここはなんにもせず、日がなボ~~~~~っとしてる欧米人で溢れている。

そしてその観光客相手にお昼寝スペースがあるカフェや、レストランが多い。CIMG1276.jpg


ゲストハウスは二人で一泊3ドル。部屋は清潔でホットシャワー付!!CIMG1281.jpg

これはゆっくりしてけという事じゃないか!?

朝8時。二度寝してボーっとした頭で安食堂へ。
子猫や鶏が戯れている。CIMG1273.jpg
CIMG1274.jpg


ここで朝食タイ風のおかゆ(5000kip。60円位)を食べる。CIMG1275.jpg

うまい!!

更にさっきのお昼ねカフェでマンゴージュースを飲みながらだらだら。

今ネットカフェに移動してこれを書いている。

途中、セパタクローの試合を目撃!!!!CIMG1270.jpg

めっちゃ足上がってて、それがおもろくてしばらく凝視してたw

ここは観光名所なんて無い。

ただただ、食べて、飲んで、寝る。
暇になったら、ソン川を眺めたり、チューブくだりしたり、バイク借りてツーリングする位。CIMG1287.jpg
CIMG1288.jpg
CIMG1289.jpg
CIMG1291.jpg
CIMG1294.jpg
CIMG1306.jpg
CIMG1308.jpg
CIMG1309.jpg


そしてこの村でハマッタ食べ物!!!!!

カオニャオというもち米を手でコネコネしながら食す。CIMG1283.jpg


そんでパンケーキ!!
我々の想像するパンケーキではない(どっちかっていうとクレープに近い)が、この南国にいると甘いものが欲しくなるので、疲れたときにピッタリ!!後はいつも飲んでるマンゴージュースと一緒に食す。





こんな調子で、見事にだらけましたとさ。
だから~~!!ここが首都やってば!!
バンコクからバスで9時間、ラオスの首都、ビエンチャンに来た。

ここの国境線はメコン川だ。CIMG1244.jpg

うちらの乗った二階建てのV.I.Pバス。CIMG1245.jpg



ここは首都の癖に、超のどか!!!

絶対我が故郷スイタシティーのが都会やわ;

道は舗装されてない部分が多いし、ヤギとか鶏とか道を歩いてるし、、、CIMG1252.jpg
CIMG1251.jpg
CIMG1254.jpg
CIMG1260.jpg
CIMG1262.jpg


ゲストハウスは安いのにめっちゃ広くて清潔!!!タイとは大違いや。。。CIMG1249.jpg
CIMG1250.jpg
CIMG1248.jpg


でもラオス人は商売根性が無くて、値切りにくい。。。

いつもは日本人にはみんな必ず2~3倍、酷い時は(特にベトナムw)10倍ふっかけてくるから、「ありえへんよ、キミ」ってフッて笑いつつ、その場を去ろうとすると、「ヘイマダム!!、○○ダラーok!!」ってな具合に追いかけてきて、そこから初めて交渉が始まるのに、ラオス人は立ち去っても追いかけてこないww

でもしつこい物売りや物乞いが居ない為、かなり平穏な時を過ごせる。

そう、ここは癒しの国なのだ。。。


ゲストハウスで自転車を借りて、ブラブラしたり、市場でつまみ食いしたり、、、
それしかしてないんやけど、とっても平和。
今までせかせか移動移動で旅してたし、この国では何もせず、のんびりしようと思う。CIMG1263.jpg
CIMG1264.jpg
CIMG1265.jpg


市場で食べたぶっ掛け飯。美味♪CIMG1255.jpg
copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。