7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギザ詐欺師やんか!!w
ギザという街には、ピラミッドがある事で有名だ。


こういった観光地というのは、必ずたちの悪い人間がうじゃうじゃいる。


カイロ市内では、これでもかというくらい親切を受けた。

でもここは違う。その噂はどうやら本当だった。

ギザの駅前で、バスの乗り方がわからないでいると、親切なオヤジに出会った。


1.いつもの調子で、ひとしきり自己紹介などする、

2.ピラミッドへ行くなら、私の家も同じ方向だから一緒に行こう。
と誘ってくれる。

お言葉に甘えて同行し、バスに乗り込む。

3.私の家はピラミッドの入り口からわずか2分なんだ。
良かったら君たちは友達だからお茶でも飲んで行かないか?と誘ってくれる。

4.ピラミッド周辺に到着し、自宅に招かれる。
紅茶が出され、また暫くピラミッドの中のことなどの説明をしてくれる。

5.良かったらラクダか馬に乗らないか?と誘われる。

6.丁重にお断り。家を出る。




。。。。。さあ。みなさん、どの変であやしいと思いましたか??ww

因みに私は2でした。
恐らく紅茶には睡眠薬かなんか入ってたっぽくて、とっても苦くて、私は見つからないようにベーしましたww

最後、ひっかからなくておもしろくなかったのか、軽くきれられてやな感じでしたw



あ、ピラミッドはよかったですよww
IMG_4081.jpg
IMG_4090.jpg
IMG_4099.jpg
スポンサーサイト
コーランが響く街
12/24。

今日はクリスマスイブ。普通だと街はクリスマスムード一色で、みんなそわそわしながら歩く姿があるはず。


私たちは蒸し暑いバンコクからクウェートへ、更に6時間後、クウェートからカイロへ飛行機を乗り継ぎ到着した。IMG_3967.jpg
IMG_0142.jpg


もう時刻は午後4時。
荷物をピックアップしたり、数字すらわからないアラビア文字のバスを乗り継いで、ちょっと高めのホテルへ移動したりしていると、すでに午後7時近くになっていた、、、




町へ出るとそこには「喧騒の街」と呼ばれるカイロシティーが埃をあげていた。



ここはクリスマスなんて一切ない。



何故ならここに住む民族は90%イスラームの教徒だから。
のこり数%のコプト教(キリスト教の元になった宗教)教徒のみ、後は我々旅行者だけがこの日を祝う。


朝と正午と夕暮れ時には町中にコーランが響く。
無数にあるモスク。IMG_4038.jpg
IMG_4049.jpg

正午のギザのピラミッドから街を眺めると、こだまのように、異様な位に響き渡る。。。

私はこの感じが好きだ。



ハーンハリーリという、無数に商店の並ぶ市場へ行く。

ホテルから安い地下鉄で向かう。一人1LE(約20円)。

どの列車に乗ればよいかわからない。
まごついていると、どこからか必ず人がやってきて、「どこへ行きたいんだい?」と聞く。
行き先を告げると、手を引いてわざわざ連れて行ってくれ、周りの人に「この子達は○○駅へ行きたいんだそうだ」とかなんとか言って、去ってゆく。


最初はこの異様なほどの親切さに戸惑った。

街ですれ違う人は、すれ違いざまに「ウェルカムトゥエジプト」と言われる事が多々ある。


ハーンハリーリ手前の観光客が全くいない路地裏では、子供たちがどっと押し寄せて、「写真撮って!!!」と迫ってくる。
大人も一緒。みんな何故か写真を撮ってほしがる。

そして最後にいつもの「ウェルカムトゥエジプト!!!」
気持ちの良い笑顔にいつのまにか自分の顔も満面の笑みになっていた。




ここは今まで生きてきたアジアではない。
生まれて初めて、違う世界に来た気がした。


なんかわからんけど、めちゃくちゃわくわくする。。。!!!!!


こんな感じで、全くクリスマスらしくないクリスマスは過ぎていった。
10℃から30℃へ
再び快適なシンガポール航空に乗りバンコクへ到着した。



っ暑っっっ!!!!!


こんなに暑かったっけ。。。
むしむし蒸し風呂バンコクは、私のただでさえ貧弱な思考能力を奪ってゆく。。。


とりあえずゲストハウスへ戻り、荷物を置く。

いつも泊まっているところなのだが、なんかホームレスくさい!!!
これでは眠れない!!!!!ww


宿を飛び出して、インセンス(お香)を買い、晩御飯も機内食を変な時間に食べ、お腹いっぱいだったので食べず、シャワーを浴びて寝た。


朝8:30.

何時間眠っただろう。。。。12時間は寝たようだ。
寝すぎて眠い。
でもお腹が減って死にそうだ。


一先ず近所の食堂でフライドライスを食べる。
今日も蒸し暑い。
逆に羽織るものを着なければ、直射日光がきつ過ぎる。

コーラを何缶飲んだだろう。
用もなくコンビニで涼みつつ、街をうろうろしていたら、ラオスで一緒だった日本の旅行者にばったり会う。
流石はバンコク。
アジアの旅の中継地点は、再会することが多い。



ひとしきり喋り、晩御飯をご一緒する約束をして、今ネットカフェでこれを書いている。

今こっちはハイシーズンなのか、旅行者が多くカフェは混み合っている。
外は暑い。
みんな暇をやっつけようとしているのだ。。。

ジャパン寒すぎ。。。
遂に一時帰国の日。。!!!

関空に早朝到着。

快適すぎるシンガポール航空の飛行機から降りると、まだ暗い大阪が広がっていた。

よく噂で、[日本に久しぶりに来ると醤油くさい]ってゆうけどほんまや!!!醤油くさいww


そんで30度のバンコクにいて、10度の外気に触れる。

っ寒っっっ!!!!!



これが久々のジャパンに対する感想だった。


通勤ラッシュの中、電車で家に帰ると、家族が迎えてくれた。
飼い猫みゅうはちょっと「あんた誰や」とか言っていたが、すぐに思い出してくれたのか、ゴロゴロ喉を鳴らしていた。


そんでお腹が減っていたので、朝ごはん。

念願のお茶漬け♪


。。。。。う、うますぎる~~~~!!!!

更にあったかいお風呂。入浴剤のいい香りに包まれる。

帰ってきたんやなあ。と、ほっと気持ちもほぐれてきた。


旅に出た達成感と、変わりない日本の懐かしさで幸せいっぱいな気持ちだった。



そっから一週間程、日本に滞在した。

行きつけの公園へ行ったり、友人と会ったり、ゲームしたり、ママと一足早くクリスマスケーキを食べたり、家族でキムチ鍋を囲んだりした。
大好きな日本酒も焼酎もたっぷりと呑んだ。





あっという間にバンコクへ戻る時間が来た。


周りも自分自身も、第二ステージに対してはそんな不安も緊張も無く、我等はあっさりと旅に出た。



しばらくまたバイバイジャパン。
次に帰るときはあったかくなってて下さい。。。。



中間発表~~~~♪
旅も2ヵ月半が過ぎた。

ここで一度日本へ1週間帰国して、次なるセクションは中東諸国!!!!

その前に中間発表してみようと思う。


・中国

唾を吐く人民・・・239人

手鼻をかむ人民・・・32人

順番抜かししてくる人民・・・58人

油の使いまわしでゲリになった回数・・・1回

火鍋で胃がやられた回数・・・1回

無愛想な服務員・・・4人

道端でうんこする人民(子供)・・・1人

落ちていた人糞・・・2個

ニーハオトイレ使用回数・・・12回

便器にうんこが盛られていた回数・・・3回


訪れた都市・・・上海、成都、楽山、九さい溝、昆明、河口

滞在日数・・・20日

旨かった物・・・上海の焼きショウロンポウ、成都の肉まん




・ベトナム


ボッたくる確率・・・99%

お釣をちょろまかす確率・・・40%

扉も便器もない只の床でトイレしろといわれた回数・・・1回

携帯をスピーカ代わりにして音楽を聴く人・・・24人

無賃乗車で13時間座席の下に隠れる人・・・1人

現地人に間違えられる率・・・80%

ブラインドタッチの少数民族・・・3人

フォーを食べた回数・・・22回

飲んだビアホイ・・・25ビアホイ

最高の笑顔・・・53個


訪れた都市・・・ラオカイ、サパ、ハノイ、フエ、ホイアン、ニャチャン、ホーチミン、ミトー、チャウドック

滞在日数・・・12日

旨かった物・・・ハノイのフォー、フエのブンボーフエ、ホイアンのホワイトローズ、ハノイのチェ、ホイアンのシントー、サパの揚げ春巻き



・カンボジア


日本語を話すトゥクトゥクのおやじ・・・16人

周った遺跡の数・・・10箇所

蚊に噛まれた回数・・・34回

全裸の子供・・・28人

値切りすぎて泣かしたおばちゃん・・・1人

ディスコでくねくね踊っていた人・・・16人

携帯を超高速スピードでいじる坊主・・・2人


訪れた都市・・・プノンペン、シェムリアップ

滞在日数・・・6日

旨かった物・・・シェムリのロックコック、ミックスシェイク



・タイ


らりってる白人・・・34人

へんな日本人・・・4人

お釣をちょろまかされそうになった回数・・・13回

現地人に間違われる確率・・・70%

白人女性のおっぱい・・・26個

辛いもん食いすぎでゲリになった回数・・・8回

バスで盗難に遭った回数・・・2回


訪れた都市・・・バンコク、チェンマイ、クラビ、ピピ

滞在日数・・・19日

旨かった物・・・バンコクのグリーンカレー、チェンマイのパッタイ、チェンマイのカオソーイ、バンコクのココナッツシェイク




・ラオス


バイクを借りた回数・・・2回

呑んだラオラオ・・・一升瓶2本

メコンを眺めた時間・・・4時間

ご飯盛り放題屋台で盛りすぎて怒られた回数・・・2回

らりってる白人・・・36人

タバコを吸う坊主・・・5人

タバコをすいながらパンクのCDを物色する坊主・・・1人

ナンパする坊主・・・1人

戯れた猫・・・3匹


訪れた都市・・・ビエンチャン、バンビエン、ルアンパバーン

滞在日数・・・14日

旨かった物・・・バンビエンのカオニャオ、パンケーキ、ルアンの焼き鳥



以上!!中間発表でした。








貧乏旅行者殺し!天国のピピ島へ
クラビーのツアーへ行った我等は、もうすっかり南国気分になりきっていて、もっときれいな海が見たい!!!!
と貪欲になっていたW

そこでクラビーから2時間。
ボートでピピ島にやってきた。CIMG1495.jpg


この島は映画「ザ・ビーチ」の舞台になった島だそうだ。
我々はこの映画を見ずにここに来てしまったことを酷く後悔した。。。
ディカプリオごめん。。。



そんなこんなであっというまに到着。

どんだけ熱くなんねん!!!!
ってくらい暑い。もう熱い。。。

それにしても、この島は最高だ!!!!

雰囲気はとてもよいし、ええ感じに田舎やし、なんといってもビーチがきれいやし近い!!CIMG1487.jpg


雰囲気に一瞬酔いしれたが、暑くて宿探しには相当難儀した。

しかも!!ここは今ハイシーズン真っ盛り!!

一番安いドミトリーが250b。しかしどこもフル!!
我々はなんとかかんとか600bのツインに決めた。CIMG1492.jpg

相場大体1000b以上。。。

今まで一泊一人300円位だったのが、ここでは900円位。。。貧乏旅行者殺し!!!!;
でもホテルからトンサイびーちまで徒歩1分♪CIMG1493.jpg


物価も高い。。。

でも!!
我々は結局4日間滞在してしまったのである。。。

ここで日がな一日ビーチでボーとしたり、サッカーやバレーボールしたり、蟹や魚を捕まえてみたり、おっぱいだしたりして(私はしてませんWW)過ごすのだ。
ああ~~幸せ♪♪



しかし何故。ナゼに白人女性はトップレスなのだろうか。。。
確かに水着の跡はつかないからきれいに焼けるが、あまりにも貞操観念が低すぎるんでは;
小一時間考えてみたけど、結論は文化の違い位しか思いつかなかったW

ドミトリー(大人数部屋)に泊まったときも平気でパンツ一丁になっちゃうし、、、
理解不能!!
ま、ええねんけどWW


ここでもシュノーケリングツアーに参加した。

しかし、海が時化ていて、只のやっすいモーターボートで出発したもんだから、
揺れまくり!!!!
もう本当にこのままみんな難破するかも!!とか思ったりした位!!
なんかテレビとかで、漁を取材して船でダウンしているリポーターの気持ちが少し分かった気がした。。
でも、奇跡的に酔うことはなかった!!
まさよしはちょっと酔ってたみたい。。。

恐らく、水しぶきが常に大量にバシャバシャかかってくるので、もう寒くて、それどころじゃなかったんだろう。。。

でも隣に座っていたスパニッシュのカップルが、シートをかけてくれて、本当に助かった♪
ありがとうございます!!


天気はと言うと、たまに曇ったりもしたが、晴れてはいて、シュノーケリングは問題なく決行された。

我々は合計3回潜った。もう潜り三昧でおなかいっぱいになった♪♪

休憩で島に上陸してもみんなぐったりしていて、海水浴もせずゴザに寝っころがっていた。CIMG1490.jpg


最後に夕日が地平線に沈むところをみてこのツアーは終了。

久々に身の危険を感じたけど、楽しかった♪♪


夜はご飯食べてから再びビーチへ。

ゴザにクッションとテーブルとキャンドルがおしゃれに置いてあるバーで、寝っころがってビールを飲む。

かわいい黒い子猫がじゃれてきたが、まさよしが「さわったあかーーーん!!」といい、諦める。。

良い感じにレゲエが流れてくる。。

空を見ると、満天の星!!!!

もうここは天国やん♪♪

ピピ島の生活は本当に至福の時だったのでした☆CIMG1496.jpg




クラビー~4つの島を巡る
バンコクからバスで12時間。

タイ南部クラビーへやってきた。


ってかあっつい!!!!;

バンコクの蒸し暑い感じではなく、カラッとした南国のにおいがする。
街自体は小さく、徒歩で一周できる。
ちょっと寂れた漁村って感じ、、、;でも一応ナイトマーケットやデパートもある。


それにしても疲れた。荷物も重い。。。

とりあえず宿探し。。。

小一時間うろついて、大体80バーツ~250バーツくらいの宿があったが、80バーツの宿は安かったけど、スタッフがオカマでなんか気持ち悪かったからやめたww

結局Kゲストハウス(250B)に決めて、早速海へ出ることにした♪IMG_0097.jpg
IMG_0098.jpg



まずムスリムの店で腹ごしらえ。そっからソンテウ(トラックの後部が荷台になっていて、そこに12人程客を乗せるミニバスみたいなもん)で20分。

我々はアオナンビーチに到着。
ここはバリのクタの町を軽くショボくした感じ。
ドイツ人が作ったビーチなんだそう。ふ~ん。
水はあんまりキレイではないが、うん、まあノンビリしようか。


その日はのんびりして、ゲストハウスの近所のレゲエバーで、調子に乗ってビール飲んで終了。
さくらと言うツアーデスクで明日の4島巡りツアーを申し込む。

翌日。朝7時起床。

8時半ピックアップ。
先述のソンテウでアオナンビーチへ行き、ボートに乗り換えて、出発♪

まずは干潮になると繋がる3つの島へ。

ここの海は最高だった!!!!
今まで私が見た一番きれいな海は、ダントツ沖縄県のパナリ島だったが、そこと良い勝負!!

調子に乗って割高のビールを朝っぱらから飲んでしまうw

更に移動してボートからエントリーのシュノーケリング。
少し濁っていたけど、うんうん楽しくなってきた♪♪
同じツアーの体毛がぼうぼうのタイ人男性がパンを分けてくれて、魚にパンをやり楽しむ。
体毛がぼうぼうのタイ人男性はパンをつかんだままだったので、魚に噛まれてビクッとしていたw


お次はチキン島。

ここは上陸せず名のとうりの鳥の形をした不思議な島を見る。

お次はポダ島。

ここは猿が出る。弁当を奪われないよう死守する。
ここのビーチもきれいだった。

ラストは洞窟のある島を観光。ここは個人的にはそんなに感動はなかったので省略。

そんなこんなで一日ツアーは終了した。

このツアーは結構お勧め!一人450B(1500円位ランチ込み)機会があれば是非♪
カオサンの路上にて。
あんまりにも暇すぎて、タトゥーを入れました。


お父さん、お母さんごめんなさい。どうしてもやってみたかったんやもん。。















。。。。。。な~~~~~~~んちゃって!!!!!

実はヘナってゆう植物成分由来の染料で書いただけで、2週間足らずで落ちるのだ♪

日本でも、よくビーチとかでやってるけど1500円とかして高かった。
でもバンコクでは200円位ww

これはやってみたい!そしてちょっとは暇つぶしになるやろ~!!ってな具合でやってみた。

最近SDカードの調子が悪くて画像がup出来ないのが申し訳ないが、工程をご紹介。


1.あらかじめ本に載ってるデザインを選び、カーボン用紙で転写する。

2.施術部分に糊を塗り、先ほどのカーボン紙を押し付け、更に転写する。

3.ヘナ粉を溶かした液でをチョコペンみたく手作りペンに流し込んだもので、型をなぞってゆく。

4.一時間染料がなじむまで放置すればok!!!

ってなカンタンな工程w
日本に帰ったら一度自分でヘナ粉を調達してやってみようと思う☆


カオサンロードではこのようなヘナアートや、ネイルアート、エクステンション(ドレッド1000バーツ、3000円とかw白人さんとかみんな喜んでドレッドしてるww)の店が路上にある。

パーマとかカットとかも300~500バーツ(900円~1500円位)。
エステも安い。1000バーツ位~ある。

服だって安いかわいいものがいっぱいある。。探せば。


でも全てに言える事は、安かろう悪かろう商品、サービスがとても多い。

その割りにヘナは店舗はなく路上でのサービスとはいえ中々仕上がりは良く、頑張ってくれた。
一度来る人はお試しあれ♪


あ~~~暇!!!!w
でも今日の夕方クラビーにいってきま~す。

チェンマイ
前述のゲロバスにてチェンマイへ辿り着いた。

ここではこれといって何もしていないw
2,3日で即効通過した。。。

あっっ!!!!!

前述のカオソーイとパッタイも美味だったが、親子丼食べたw茶碗蒸しと味噌汁付き!!!!IMG_0087.jpg

セットで65B(200円位)
もうちょっとで帰れるのに食べちゃったwwホントそれくらい。。。

この街へ来る旅行者は皆、トレッキング目的で、あの首長族等に会える。

しかし我等はこれはパスした。何故かというと高いから!!
後2泊3日トレッキングでしこたま汗かくのにシャワー設備が無いそうだ。そのかわり滝で行水。。。
これもちょっと、、えっかなって、、、;
その代わり、ナイトマーケットに行き、軽くショッピングはしたけどww

そしてバスで10時間。バンコクへ戻ってきた。



帰国まで後10日。
バンコクにおっても何もすることが無い。。。;
余りにも暇なので、ビーチでリゾートしちゃお~~♪♪(もちろん節約しつつ)って事で、明日からクラビーというタイ南部、プーケット島のご近所の離島へ行くことにした。



copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。