7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チンチョンチャン!
レバノンのベイルートから、バスで10時間。


再びシリアへトランジットヴィザで入国。
一度入国しているせいか、今回はすんなりイミグレを通れた!!


何故かヴィザ代が9ドルもかかる。。。;

レバノンまでどんより曇っていた天気も、シリアへ抜けるとスカッと晴れた。

さて、アレッポ。
ここは旧市街が世界遺産で、アレッポ城という城がある街。
CIMG1889.jpg




すぐにその足で、目当てのゲストハウスにチェックイン。
CIMG1890.jpg

日も暮れていたので、近所にある、ファラフェル(サンドイッチ)の美味しい店で晩御飯を食べて、
隣の菓子店で、ライスプティングを食べて、大満足で休んだ。


ここで一つの問題に直面した。

我々はお金の管理方法を、国際キャッシュカードにしていて、国が変わるごとにATMでおろしているのだが、アレッポに来て、どのATMを試しても、お金が下ろせないのだ!!

これじゃ宿代も払えない。。。;

とりあえず現金のドルは、少し両替して、晩御飯を食べ、情報を集めようとゲストハウスの情報ノートをみたら、
「シェラトンホテルのATMだけ、何故か利用できた。」

とあった。
。。。しかし、シリアのATMはなんて不便なんやろ。。。


翌日、朝からシェラトンでお金を下ろして、街を散策。

ジュース屋ばかりが立ち並ぶ通りで、ピーチシェイクを飲んだ。おいしい♪
兄ちゃんがオマケに林檎をくれて、その林檎が甘くてとても美味しかった!!
CIMG1892.jpg



噴水を通って、アレッポ城へ。
CIMG1894.jpg

入場料は150SP(シリアポンド)500円位が、エジプトで作った国際学生証で10SP30円に!!
10分の1以下だ!!学生証恐るべし。。!
CIMG1896.jpg


城からは、アレッポの町並みが一望できて、予想より良かった。
CIMG1901.jpg
CIMG1903.jpg


ゴールドスーク(市場)は残念ながら閉まっていた。。


しかし、アレッポの子供達だけが、何故か我々に向かって殆んどの確立で、

チンチョンチャン!!!!

って叫んでくるのは、ちょっとカチンとくるわあ。。。w

ま、ええねんけどね。。
スポンサーサイト
ベイルートのレバノン兵と戦車
ダマスカスからバスで1時間半。

シリアとレバノンの国境に到着し、トランジットビザ(48時間滞在用の通り抜けビザ)で入国。

更にセルビスという小型バスに乗り換えて、大雪の道を走り、2時間ほど。
ベイルートのコーラバスターミナルに到着。
道中の雪はすっかり止み、むしろ気温は少し日本よりは暖かいかもしれない。

ここで突然、セルビスの運ちゃんと料金トラブルになり、二重請求されてしょんぼりしたけれど、
気を取り直して、歩き出す。


ベイルートの第一印象は、都会!!!!


予想を反する整備されたダウンタウン。
ヨーロッパの町並みを思わせる新しい建造物。


そう、ここはかつての紛争から街が復興され、中心部のみ、このような綺麗な町並みで、それ以外は弾痕の多く残る痛々しいビルが並ぶと言う、奇妙な街なのだ。
IMG_5622.jpg
IMG_5616.jpg
IMG_5610.jpg
IMG_5636.jpg


まだまだテロが多く、所々でチェックポイントがあり、陽気なレバノン兵と戦車が我々を迎えてくれる。
IMG_5620.jpg


本当はあかんけど、戦車を写真に撮ったw
IMG_5652.jpg
IMG_5649.jpg


目ざとく見つけたレバノン兵が近寄ってきて、「お前、写真とってないだろうな?」
と聞いてくる。
見つかったらデータ削除されるかもしれない。
運良く「撮ってへんよ!」で終わったけれど。


目的のホテルまでは2km程あった。

重いザックを背負い、雨に混じって霰まで降り出した。
道もアップダウンが多くて、結構疲れた。


途中、限界が来て、一度レバノンポンドを下ろすついでに銀行の建物で小休止。

すると、トイレへ案内してくれた男性が、温かいココアをおごってくれた!
ココアは疲れた体に染み渡った。。。
なんて良い兄ちゃんなんやろう!
お礼を言って、気分も上がり、残りの道を行った。


その後も、レバノン人はとても親切な人が多くて、私はとても印象が良かった。
兵士に幾度も道を尋ねたが、皆ファンキーな良い兄ちゃんだった。


ホテルにチェックインして、レセプションの兄ちゃんがジュースをくれた。
「君達はコーラバスターミナルから歩いてきたのかい?!普通タクシーやろ!クレイジーだよ!!」
と、大笑いされたw



この日はそのまま綺麗なエアコン付きドミトリーで休んだ。
ここはドミの癖に一人7ドルもするけれど、キッチン付きで、ベッドメイキングまでしてくれる快適な所だった。


翌日、朝から市内を観光。

真新しい大モスクと、先述のヨーロッパ風の町並みを散歩する。
街はここ一週間前にテロがあったためか、少し厳戒態勢のようにも見えた。
街を行く人は、ファッションが洗練され、ブランド店やカフェが石畳の上に立ち並ぶ。
IMG_5627.jpg
IMG_5633.jpg


我々はここでつまらないことで喧嘩になって、このままではまずいと思い、奮発してスタバに入ったw
綺麗な空間の中で、ジャズを聴きながら4ドルもするカフェラテを飲むと、気分も良くなり仲直りできるものだ。(?)


すっかり気分も良くなって、ハムラ地区へ行き、ウインドーショッピングしたり、
おもむろにスーパーに入ってみたり(私はいろんな国のスーパーに入るのが大好き!)、
鳩の岩にも行ったし、小腹が減って庶民用のカフェに入って、エスプレッソのようなアラブコーヒーと甘いお菓子を食べたりした。
CIMG1886.jpg
CIMG1887.jpg



最後に弾痕がおびただしく残るホリデーイン跡を観て、お腹一杯になった。
IMG_5634.jpg



生憎天候は優れなかったが、とても充実していて、楽しい一日だった。


ダマスカスの旧市街と行列の出来るチキン屋
この日は今までに無い移動日だった。


一日で三カ国を移動したのだから。



朝、エルサレムのゲストハウスを出て、入国はあんなに時間のかかったイミグレをあっさり通過し、ヨルダンへ入国。

イスラエルへ行くには、入国したときと同じキングフセイン国境からでないと出国できない。
従って今回は、ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→シリアのルートを採った。


けれど、パスポートにはヨルダンの入国スタンプのみだ。
ヨルダン出国スタンプとイスラエルの入出国スタンプの3つは、別紙に押してもらった為だ。

つまり、パスポート上は「イスラエルに行ってないことにする」のだ。

もしこの事をしなければ、シリアに入国できなくなるからだ。




そんなこんなで、ヨルダン入国後は、スウェーデン人の青年とタクシーをシェアして、アンマン市内へ。

そっからその足で、セルビスタクシーに乗りかえて、一気にシリアへ!!




。。。さあ、ここからはまた悪名高いシリア国境の放置プレイイミグレーション!!

セルビスタクシーのおっちゃんが、「早くしてや~困るんですよ~お客さん!!」
とせかす。

同乗している現地人も2名いるので、ここで日本人二人が1時間も2時間もかかるのは、大変迷惑なのだ。。。!


けれど、うちらにしたら、「あんたの国のイミグレがこんなに待たしとるんやんけ!!w」
とでもいい加減言いたくなるもんだ。

大体こんなに何を調べて時間がかかっているのか。。。
結局1時間半後、セルビスの運ちゃんが怒って、イミグレの担当者を急かして、終いにはぶつぶつ言いながらも手続きの手伝いまでしてくれてw、我々にとっては通常より早く入国できた♪(普通は4時間程かかるらしい。。。!!鬼や!!)



めでたく入国できて、更に1時間ほどで首都ダマスカスに到着。
もう既に日もとっぷり暮れていた。


お目当てのゲストハウスが一杯だったので、レセプションのおっちゃんに紹介してもらって、やっとこさチェックイン。
ダブルで一泊600ポンド(1200円くらい)もした!!高い。。。;
けれど部屋はヒーター付きで暖かく快適だった。
シリアは物価は比較的安い国だが、宿は高い。。。


この日はそのまま休んだ。



翌日、朝から観光。

この街の見所は、旧市街の街並み。

昔ながらの狭い迷路のような路地。
木造の古い家が、とても良い雰囲気。


我々は足が棒になるまで一日中歩き回った。



近所の安くてまずいアエーシ(平べったいパン)を食べて、スーク(市場)を冷やかしたりした。
スークは、トルコに近いからか、キリム織のカーペットや、クッションカバー、日用品や、洋服等色んな物が並んでいた。
ハラム(サウナ浴場)なんかもあって、トルコを感じた。
IMG_5581.jpg
IMG_5583.jpg
IMG_5586.jpg

IMG_5582.jpg
IMG_5601.jpg


シリア人もとても親切で、道を尋ねるのが楽しかった。
相方がどっかいってる間に、私一人になると、女の子も気軽に話しかけてきてくれた。
(イスラム教の国は、女性は見知らぬ男性と話すことは良くないとされている)



旧市街の中でも、ウマイヤドモスクは世界NO.4のモスクらしく、多くのイスラム教徒で賑わっていた。
IMG_5585.jpg
CIMG1874.jpg

相方はモスクの礼拝が好きで、どうしても中に入りたかった(今までも入ってきたw)ので、靴を脱ぎ、普通に中に入ろうとしたら、
係員に案の定止められた。
入場料が1ドル必要らしい。


相方は、「あ。ここ、ムスリムじゃないと入れないの?」と聞いたら、

向こうはどうやら、「俺はムスリムなのに有料なの?」と聞き間違えられたようでww、
タダで入れた。

テキトウやなあ。。。


旧市街を観光して、お腹が減ってきた。
そういえば、イスラエルで会った日本人に、「ダマスカスへ行ったら、絶対チキン屋の○○へ行って下さい!!マジお勧めっすよ!」
と言われていたので、行ってみることにした。


そこはゲストハウスから割合と近い場所で、既に狭い店内に客がすし詰めになっていた。
入り口には、どでかいオーブンがあり、中で美味しそうな鳥さんがくるくる焼かれている。
地元の人で行列が出来ており、それは外まで伸びていた。


うん、確かにここは美味しそう!!
我々も行列の最後尾に加わって、待った。

数分後、順番が来て、狭い狭い席に着き、ハーフチキンをオーダーした。
すぐにでん!!と、チキンの丸焼きが半分とアエーシが乗った皿が置かれ、サイドに付け合せの野菜とピクルスが来た。
CIMG1875.jpg



我々は無心、無言でそれにがっついたww
もうそれは、期待を裏切らないものだった!
もしかしたら、今まで食べたチキンで一番うまかったかも!!

しかも安い!一人100ポンド(250円)!!
大満足でその店を出て、もう少しダマスカスに居たかったが、どうしてもレバノンへ行きたくなって、
明日、出発することにして、一日は終了した。
こんがらがっちゃいました。
混沌の町、エルサレム。IMG_4937.jpg
IMG_4942.jpg
IMG_4954.jpg
IMG_4964.jpg
IMG_5203.jpg



イスラームのアザーンが響いたかと思えば、ユダヤ教会の鐘が鳴り響いたりする。


アラブ人がいれば、ロシア系の白人、モロッコ系のアフリカ人、エチオピア系の黒人。
各国から集まるユダヤ人。

言語はアラビックとヘブライ語。



。。。。ここは考えすぎてしまう国だ。




ある日、ヘブロンという、パレスチナ自治区がある町へ行った。

同じゲストハウスで知り合った日本人Kさんが、迫害されているパレスチナ人人権保護団体に所属していて、この周辺を案内してくれると誘ってくれたのだ。



この町は一見、アラブ系の町だが、一歩足を踏み入れると、イスラエル人が入植している為、分離フェンスが至る所にある。
町の中がフェンスで分けられまくっている状態。。。。
パレスチナ人がこのフェンスを越えることは、非常に困難で、IDカードの提示を余儀なくされ、嫌がらせに2~3時間待たされたりもする。IMG_5006.jpg



Kさん達は彼らが待たされている際、国連に連絡し往来をスムーズにするボランティアをしているのだ。

パレスチナ人にとっては味方。イスラエル軍にとっては敵だ。


この問題については私自身知識不足だし、あまり突っ込んだことは書けないが、毎日考えすぎて、脳みそがしわくちゃになりそうだ。


この日は結局、パレスチナ人の民家で生の声を聞いている途中、Kさんがイスラエル軍に連行されかけて、中止になった。
その軍の中の一人はとても横柄な態度で、明らかに嫌がらせのように感じた。IMG_5014.jpg




別の日には、ラマラという町の少し北の分離壁で、デモンステレーションがあるので見に行った。

ここではオリーブの栽培が盛んで、それで生計をたてる民家と畑のど真ん中に分離壁が建てられてしまったため、壁反対のデモだった。

最初は小競り合い。
段々ヒートアップし、イスラエル軍がサウンドボムを投げる。
(目の前で爆発し、ビビるww)
更にゴム弾や催涙ガスで畳み掛けてきて、我々は避難。
パレスチナ人たちは投石で応戦する。


子供達が沢山いた。
彼らは毎週金曜日行われるこのデモの中で育ち、どんな大人になるのか。
イスラエルはどうなるんやろう。
。。。。ほら!気づけばまた答えの出ない考えのループにはまる。


日本のマスコミはなんて偏ってるんだろうか。。。
それを思い知る。

ちょっとおっかないことを書いちゃったけど、心配しんといてなw
ひとつ、良い経験をしただけです。
IMG_5011.jpg
IMG_5077.jpg
IMG_5340.jpg
IMG_5431.jpg
IMG_5310.jpg
IMG_5475.jpg
IMG_5458.jpg
IMG_5271.jpg
IMG_5252.jpg
IMG_5258.jpg
イエスさんが生れ落ちた場所へ
エルサレムからバスで1時間。


キリスト教の聖地、ベツレヘムへやって来た。



30分ほど歩くと、イエスキリストの生誕教会に到着。
CIMG1814.jpg
CIMG1817.jpg



木造の伝統ある雰囲気の教会で、ステンドグラスが美しい。
CIMG1823.jpg
CIMG1825.jpg



地下に降りると、「ここにイエスさんが生れ落ちたよ」って場所があり、皆そこに手を伸ばしていた。
CIMG1819.jpg




厳粛な中にほっとするような何かがあった。
CIMG1822.jpg

CIMG1821.jpg



更に向かったのは、聖母マリアの乳が落ちて岩が染まったと言う、ミルクグロッド教会。
確かにオフホワイト色で、可愛らしい教会だった。
CIMG1830.jpg
CIMG1832.jpg
CIMG1834.jpg



その後はベツレヘムのバザールを散策し、終了。
CIMG1835.jpg
CIMG1836.jpg



私は昔、日曜学校へ通っていたので、旧約聖書を読むのが好きだった。
ここベツレヘムは聖書の中でも特別な場所で楽しみだったんだが、想像と少し雰囲気が違って驚いた。
簡単に言えば、思ったより都会だった。
潜入!!!世界遺産!!




エジプトのダハブからバスとフェリーでヨルダンに入国した。
IMG_0230.jpg




フェリーが予定時刻より大幅に遅れ、到着は夜になってしまった。
目的地のワディムーサまでのバスはとっくに終わってしまっていた。


仕方なく、一緒のフェリーだったメキシコ人夫妻とタクシーをシェアして、向かうことになった。



2時間後、到着。

めっちゃ寒い!!極寒。。。。
ここで初のダウンジャケットが登場した。


この日は一先ず一泊して、ホテルで出会った日本人旅行者に面白いことを聞いた。


ペトラ遺跡に潜入してきたと!!!!

我々は詳しく内容を聞き、すっかりやってみたくなっていた。



彼が言うには。。。。

夜中の3時ごろに出発して、人影がないことを確認、エントランスの端からひょいっと入れちゃった、と言うww


我々も寒さ対策は万全にして、ちゃっかり朝ごはんも用意してw、3時に出発!!!!


言われたとおりエントランスにはまだ人影がない!!!!



今だっっ!!!!!



。。。。。あっさり潜入成功www



ペトラ遺跡は岩ばっかりの大自然の中にあり、もちろん入場時間は本来6時から17.8時の為、電灯なんて無い。
今は夜明け前のため、真っ暗。



正直めっちゃコワい。。。。。!!!!!


懐中電灯で、キレイに星が瞬くなかを進む。
遺跡の壁画や、独特の細い道がめっちゃコワい。。。。ww




1時間ほど中へ進むと、超有名な「インディージョーンズ最後の聖戦」の舞台となった場所、モナストリー(ごめんなさい、名前忘れたw後でアップします)に到着!!


ごめん暗くてなんも見えへんwww

感動もくそもなく、手ごろな洞窟を見つけて、ここで朝を待つことにしたww




3時間後。。。。。





。。。。鳥のさえずりが聞こえる。。。。入り口のほうには光が差し込んできた。
ひそひそと欧米人カップルの話し声が近づいてくる、、、、



こっちへ来る!!!;
我々は更に息を殺した。。。。
頭では007のテーマソングが流れちゃっている!!
ハラハラ感にわくわく感が合わさった感じ。


彼らは暫くすると去っていった。
。。。ほっ。。。



そして晴れて洞窟から脱出、何事も無かったかのように他の観光客に紛れ込んだ!!!


ミッション成功ww
これが潜んでた洞窟。
CIMG1718.jpg




朝焼けの中のペトラは美しかった。
観光客もまばらで、入り込みやすかった。

IMG_4709.jpg
IMG_4723.jpg




敷地面積は広大で、奥は岩山、後半はほぼトレッキングになる。

私は遺跡より、このトレッキングが楽しかったww

IMG_4729.jpg
IMG_4744.jpg
IMG_4800.jpg
CIMG1747.jpg




絶景とはきっと、このことだと思った。


山頂に到着。
ここにもモナストリがある。
。。。どうやってこんなとこで建設したんやろう。。。謎だ。
IMG_4888.jpg



小さな喫茶店があり、そこの一家と仲良くなって、談笑したり記念撮影をしたりした。
「写真をこの住所に送ってね!!」といって、かわいい奥さんにアドレスを聞き、御礼を言って店を出た。
IMG_4842.jpg



更に10分上ると、頂上だ。ヨルダンハシミテ共和国の国旗がたなびいている。

CIMG1761.jpg


見渡す限りの、岩山。
怖いくらいの青空。
心地よい風。



ここはきっと忘れられない思い出になるなと確信したのだった。


3km続くシーク。

IMG_4915.jpg


風の音と、ロバの蹄の音だけが優しく響く。

CIMG1765.jpg


生きてます!!w
更新が遅れてご心配をおかけしてます!!


とりあえず。。。。





今ヨルダン越えて、イスラエルのエルサレムです。
超厳しいイミグレーションも通過しました。。
毎日頑張って観光してます。
元気もりもりでやってます!



しかしここ、イスラエルはおもしろい国です。

なにがどうおもしろいかはまた追々アップしますwwでは。。。!
ダイビングの聖地
カイロからバスで8時間。


ダイビングの聖地、ダハブにやってきた。
CIMG1708.jpg
CIMG1696.jpg
CIMG1697.jpg




とはいっても。




寒っっっ!!!!


ダイビングなんかできるか~~~~~い!!!!!




。。。。とりあえず、セブンヘブンホテルというところの、ハット(植物を編んだ壁で出来た、南国ムードたっぷりの小屋)が300円やったのでチェックイン。

狭いけど、潮風と日の光が当たって気持ちいい部屋で、とても気に入った!!
IMG_0225.jpg
IMG_0222.jpg




ここで4人の日本人と仲良くなった。


相方も最初は、「こんな寒いのにダイビングなんて!!」
と、吐き捨てるように言っていたが、

彼等の話を聞き、翌日の朝には、
「あずみ!!おまえダハブ迄来といてダイビングせんとか、あれやぞ!!」


。。。。たしかにそうかもなあ!!!!!!(単純w)



。。。ということで、その日のうちにレッスン開始!!

担任のスティウ先生はイングランド出身で、超男前!!!!
ゲーマーにはわかると思うけど、ダイビングスーツ着てる姿が、メタルギアの雷電みたいやねん!!
(わからん人、ごめん。。。)

しかもめっちゃやさしい!!!!!

もうこれはあれやな!!!!!


って事で、あれよあれよという間に座学が終了して、いよいよ紅海とご対面!!!!!




紅海はほんまに竜宮城の世界やった。

沖縄やタイでは見たことの無い、魚や珊瑚たちで埋め尽くされている!!!!!

有名なナポレオンフィッシュもようけおる!!

やっぱりあーは海がすきだーーーーーー!!!!



とかなんとか潜ってる間は、寒いことなんてすっかり忘れてたら、上がった瞬間。。。



。。。。!!!!!!



そんなこんなを4日繰り返して、めでたく、ライセンス取得できたのだった。


最後にお世話になった人やスティウにお礼をいい、思いがけず一週間滞在したダハブを後にしたのだったCIMG1713.jpg
CIMG1710.jpg
CIMG1711.jpg
CIMG1704.jpg
サイクリングinルクソール
アスワンから北へ電車で3時間。


ルクソールという街にやって来た。
CIMG1659.jpg
CIMG1660.jpg



ここもアスワン同様、のんびりした雰囲気。
とても良いところだ。

一先ずアスワンで紹介された、イッサラームホテルという所へチェックイン。
一泊二人で15LE(300円)。
上に日本食も食べられるレストランを併設しているのは嬉しい!
早速親子丼食べちゃった♪

CIMG1662.jpg



ここは本物の国際学生証がパスポートを提示するだけで作れる!
もちろん我々は社会人だけど、テキトウな大学名を伝えて、直ぐに完成w



翌日。
朝からペダルが曲がったオンボロ自転車を借りて、遺跡めぐり♪


先ずはカルナック神殿。

ここはおびただしい数の柱があるのが特徴。

CIMG1663.jpg
CIMG1666.jpg
CIMG1667.jpg
CIMG1670.jpg
CIMG1671.jpg
CIMG1674.jpg



更に、ナイル川を自転車ごとフェリーで渡り、
ひたすら真直ぐ30分ほど走る。
乾いた風と、太陽の日差しが気持ち良い!!

しばらく田園風景が続く。。
CIMG1680.jpg
CIMG1678.jpg
CIMG1677.jpg

CIMG1681.jpg



ハトシェぷスト女王の廟へ到着。
巨大な崖がそそり立ち、その前に宮殿はあった。
崖はまるで、仮面ライダーのショっカーが出て来そうな雰囲気!
CIMG1683.jpg
CIMG1684.jpg
CIMG1687.jpg



戻ったら、お腹も減ったので、
ステラビールと、エジプトの家庭料理、タジンという煮込み料理でランチ♪

CIMG1689.jpg
CIMG1688.jpg


後はホテルのスタッフ達と、エジプシャンゲームという謎のカードゲームをして遊んだ。
軽く沈没inアスワン
年末からアスワンに一週間滞在した。
エジプト最南端の町で、殆んどスーダンに近い。


ここはのんびりしていて良い町だった。
ヌビア人という、ナイル川中流域の人種が住んでいて、色は黒くて、扁平な、一般的に「アフリカ人っぽい」顔立ちに変わる。


ゲストハウスは一泊二人で12LE(約240円)やし、名物料理のコフタ(ラム肉のハンバーグ)はサラダとセットで6LE(約120円)。
CIMG1585.jpg


暇なときはスーク(市場)をブラブラしてたら誰か寄ってきて暇つぶしに。
IMG_4176.jpg
IMG_4178.jpg

CIMG1580.jpg
CIMG1583.jpg



フルーカという風で動く船で、静かでゆっくり過ごすのも良し。
フルーカ乗りのセロ。
CIMG1648.jpg



最初のほうだけ、アブシンベル神殿やイシス神殿に観光へ出かけて、あとはこんな感じでずっとぼーっとしていたww



ラメセス2世の権力の凄さが伺えるアブシンベルの4体のラメセス2世像

IMG_4192.jpg



遺跡ごと移築したことで有名な、イシス神殿。

CIMG1597.jpg
CIMG1603.jpg
CIMG1605.jpg
CIMG1608.jpg
CIMG1612.jpg


遺跡内に猫が!!
CIMG1616.jpg
CIMG1617.jpg


アスワンの外れの高台。
ここまできたら、ツーリストは皆無。

CIMG1638.jpg
CIMG1645.jpg



エジプト行ったら、どこにでもある!
ファーストフードのコシャリ。
CIMG1632.jpg


こちらもお馴染み。
フルーツパフェのような、コークテール。
CIMG1630.jpg






a happy new year!!
CIMG1625.jpg

いや~~~~!!
あけおめです!!

とはいってもこっちは日本と7時間時差があり、まだ12/31の20:00。


なんだか変な感じのお正月を迎えそうだ。

ここはアスワン。
エジプトの南に位置する町。

ムスリムの元旦は1/7なのでなんかアレなんだが、なんだかんだゆって皆そわそわしてるみたい。
ナイル川沿いではなんか出店かなんかでてワイワイするみたい。

同じゲストハウスの友達と、ご飯。
CIMG1628.jpg


あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お雑煮食べたい。。。。
copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。