7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅の終わり。
北海道旅も佳境に差し掛かって来た!

美幌峠の道の駅で、ソフトクリームを食べたり休憩後、お決まりのダウンヒル!
期待を裏切らぬ爽快な下りで、あっという間に低地に降りて来た。
ランチは美幌駅で摂った。



午後は、都会の北見市を通過して、ひたすら田園地帯を走る。
急な夕立ちに遭い、雨宿りする。
10分もすりゃあがるだろう。

そろそろ旅の終わりを考えなければならなかった。
私の旅は無計画ゆえ、いつでも終わりは突然やってくるものだ。
思いつきの様にパートナーに旅を終えようという思いを告げる。
当然、彼は不意討ちを喰らい、びっくりしていた。
夕立ちにも降られ、踏んだり蹴ったりだ(笑)

勝手気ままな自分を申し訳なく思う…f^_^;)


夕立ちが止み、再出発。
日没ぎりぎり迄走り、音根湯温泉の道の駅に到着。
道の駅の為、テント設営禁止で、屋根のある所にそのまま寝袋で寝る事にする。
近所のホテルの中の温泉を堪能。
温泉地だけあり、数種類の温泉、露天風呂はとても素晴らしく、疲れも吹き飛んだ♪


翌日。

美しい朝焼けで目覚める。
ああー気分が良い(^^)

しかし、出発すると、間もなく雨が降って来た!
そしてそのまま、雨の中峠越え!
石北峠という1000mちょいの峠を登り、ランチ。
雨も止み、気持ち良い風が吹いていた。

moblog_c859334a.jpg


午後は、ダウンヒル。
トンネルが多く、長いものは3,4kmもあった!
幾つものトンネルを超えると、層雲峡に入る。
観光客で賑わう二つの美しい滝で暫く観光。
午前中の雨が嘘のように、爽やかな木漏れ日が差し込み、木々のざわめきが心地よい。
moblog_f7c87a54.jpg
moblog_e57e3e19.jpg
moblog_da66716c.jpg


最高のひと時だった!



後は緩やかに下り、田園地帯に。
天気のコロコロ変わる日で、突然夕立ちが降り、一瞬でびしょ濡れに…f^_^;)
それでも走り続けて、日没ぎりぎりに比布のライダーハウスに到着。
雨のせいか、ライダーが既にいっぱい居て、今迄のライダーハウスにはない、合宿所みたいな雰囲気だった!


その中のひとつのグループと仲良くなり、何故かブラジリアンに間違われ(笑)、ジンギスカンをご馳走になる。
北海道はジンギスカンをご馳走になる機会がめちゃめちゃ多いf^_^;)
自衛隊のおっちゃんや、ライダーカップルや、ライダー夫婦、70歳の伝説おばあちゃんライダー迄!
色々な人と話が出来た。
moblog_e04ab6fb.jpg


翌日。

昨日の雨で濡れた洗濯物を乾かす内に、みんな出発してゆく。
別れを告げ、挨拶をしていく内に洗濯物も乾き、最後になった我々も出発!
今日は北海道旅ラストランだ。


とは言え旭川迄は20km程度。
一瞬で着いてしまうので、ぶらぶら寄り道する。
あまりにも適当に走り過ぎて、へんな河川敷迄いったものの、行き止まりだったりしたw
moblog_2e508fe4.jpg


昼過ぎに、旭川市街地到着。
自転車屋へ行き、チャリンコを送る為のダンボールを譲っていただいた。
箱詰めしている間、美味しい桃まで差し入れしてくれる、親切な自転車屋さんだった!
そのままそこに宅配便を呼んで、バラされたmarは先に大阪へ帰ったのだった。
親切な自転車屋さんにお礼を言い、私は着替えて、家出娘のような格好で旭川駅まで歩いた。


最後の夜は、景気良くサッポロクラシックで乾杯☆
おつかれさ~ん♪
moblog_27894a6a.jpg



翌日。
moblog_c0653317.jpg

電車に揺られ、旭川から大阪迄まる3日かけて、鈍行列車の旅をして自宅まで帰った。

2日目、函館の朝市
moblog_36466030.jpg
朝市の人懐こいねこちゃん
moblog_58e2c62c.jpg
moblog_60b60900.jpg
函館駅。
moblog_c6d7ee7f.jpg

北海道と本州を結ぶ海底列車、青函鉄道!
一回乗ってみたかってんな~♪
moblog_5ae37a54.jpg


2日目の晩は福島駅。
地震の影響は殆ど及んでおらず、普通に街だった。


3日目は、新宿で友達とランチ♪
短い時間だったけど、お互い近況報告出来て良かった☆
後は大阪迄、方言が徐々に変わっていくw


日本て、ちっちゃいけど面白い国やなぁ。
今回も色々な人に出会い、助けられた。
面白い人もいっぱいおるなぁ。

なんてぼんやりと思いながら、電車の旅は終わり、
同時に充実しまくりの、3週間の北海道旅も終了した!


さて、そろそろ働きますか!!(笑)

スポンサーサイト
虻との戦い!!
道東から、内陸部へ入り、ほっかいどうはでっかいどーーが感じられるルート。


可愛いアザラシとは対象的に北方領土返還を訴える看板がある、
羅臼の外れのキャンプ場を出発!
moblog_e07d46d2.jpg


釧路方面へは行かずに、内陸部へ右折。
超有名らしい、真っすぐな道と広大な台地を味わえる、開陽台を目指す。
何故か突然増え出した虻に刺され捲り、格闘しながら、昼頃に到着!
もう、THE北海道な景色の中でランチ♪

moblog_df8c5121.jpg

北海道は何処でもキンキンに冷えた水道水が出るので、水の採れる場所ではよくそうめんをやった。
30℃を超える程暑い場所で頂くそうめんは格別!
夏バテした胃にもいくらでも入っていく。


午後は、開陽台の有名な
真っすぐな道を思い切り下る!
めちゃめちゃ爽快!
これが日本の道なのか…南米並みに広大だ!
moblog_7f39657c.jpg


そこから、小さい峠に差し掛かる。
どうしても登りになるとスピードは落ちるので、ここぞとばかりに虻の大群に囲まれてしまうf^_^;)
しかも、ヤツらはしつこくねちっこく、何度振り払っても戻ってくる!!
そしてただでさえ登りなのに、振り払う行為で更に体力は奪われてゆく…
あー今思い出しただけでも腹ただしい…!
夕方まで、ひたすら虻との戦いが続き、なんとか摩周湖の手前の町のキャンプ場に着いた。


近くの銭湯に行きスッキリしたら、テントをはり夕食の準備をする。
炊事場でぼちぼち飲み出そうとすると、隣にどうみてもインド系のおっちゃんライダーが日本酒をあけていた!w
私たちの興味は一気に彼に奪われ、痺れを切らす様に相方が話しかける。
彼は東京の証券会社に勤めるエリートインド人だった!
日本人の奥様が居て、可愛らしい娘さんが居るが、日々のハードな生活から逃げ出すように、妻子を置いて旅に出て来たらしいf^_^;)
インド人とか忙しいの絶対無理そうやもんなぁ~!
逆に私たちが日本酒を振る舞って頂き、彼と夜まで呑んだのだった。



翌日。

目覚めると、インド人ライダーのおっちゃんは旅立っていた。
さぁ、ぼちぼち出発しますか!
今日は500m程の峠を越え、摩周湖を観光する。
10km程の緩い傾斜を越え、またまたひつこい虻との戦いが始まる!
霧が晴れて来て、どんどん体力が奪われるが、休憩しようと止まろうもんなら、一斉に虻の大群に囲まれてしまうので、ノンストップ!!
し、死ぬ~!(◎_◎;)









もう、いいやwww




私は虻のおかげで、ある境地に達し、悟る事が出来た(笑)。
心を無にするのだ!!
耳元でブンブンうなろうが、刺されようが、もういいではないかと。
刺せるもんなら刺せばええやんか、と。
この、諦めとも言える覚りは、思いのほか功を奏して、走行を楽しく快適なものにした!



そして摩周湖展望台に到着。
幸い霧は晴れて、紺碧に輝く美しい摩周湖を観る事が出来た!
moblog_fdcd4e7a.jpg


しかし、「霧の摩周湖」と呼ばれるだけあり、あっという間に霧に包まれてしまう。
その為、全く湖を観れない観光客もいる位だそうだ!
ついてるなぁ~!
moblog_98bd8bd2.jpg

摩周湖展望台を後にして、峠越えのご褒美、ダウンヒル!
麓の川湯温泉駅で駅の中にある足湯に浸かり、リフレッシュ♪

休憩後、出発すると、直ぐに硫黄臭が!
さすが温泉地、でっかい硫黄山があった!
さっそく観光。
moblog_500f9d30.jpg
moblog_b3c48367.jpg



更に景色は林道に変わり、屈斜路湖沿いをグルっと走る。
珍しい砂湯という、湖のビーチになった砂を掘ると、温かい温泉が湧いてくる所を通り、家族連れの観光客に混じってちょっと遊ぶ。
moblog_ada86fce.jpg

クッシーなるものまで!
moblog_b2e23a45.jpg


こんな具合に、この日は観光観光したので、すでに日が傾きかけて来た。
今日はもう手頃なキャンプ場で泊まる事にしよう。
と、すぐ近くの、池の湯温泉キャンプ場でテントをはる。
近所の野菜直売所で購入した茄子を入れたカレーで晩御飯!
湖畔に沈む夕陽を観て、のんびり過ごした♪



翌日。
朝イチから峠越え!
美幌峠という、名前からして美しい峠を登る。
700m位登りやったかな。
やはり虻はいた気がするが、もうすっかり慣れて、居たかどうかも忘れる程だ(笑)
気持ち良くクリアー出来た!
moblog_f0058644.jpg

この虻との戦いは、私の特技、諦めの勝利という事にしよう。






知床

網走の幽霊屋敷から出発!

今日も快晴だ。


午前中には、知床斜里の道の駅に到着。
昼食をとり、夕方には段々とアップダウンになり、知床八景のひとつ、
オシンコシンの滝に到着!
暑かったのに、滝の周りは寒いくらい涼しかった!
moblog_21c45928.jpg


更に少し走ると、今日のゴールのウトロの道の駅に着いた。
ひとまずお風呂に入りに行きたかったので、近くの温泉へ。
ただ、めちゃめちゃ激坂ww
ヘロヘロでお風呂に入り、リフレッシュ出来た!


再び道の駅に戻り、テントを張ってると、他にもココで野宿しようとしているチャリダー発見!
声をかけると、なんと、
なんと、



夏休みの中学生!!!!www



…スゴくない?!w


皆様は中学生時代に、ひとりで北海道をチャリンコで一周しようなんて、思いましたか??
私は鼻水垂らして氷鬼してたんちゃうかなw
って言い過ぎか…!w

もう、なんか、聞きたい事があり過ぎて、質問攻めしてしまったf^_^;)
だって気になりませんか!?
そんなスゴイ子が、どんな事を思ってるのかとか!
絶対大物になると思うな~!!うん!

彼が未成年な事なんて、(というより、未成年が飲酒がいけないなんて、の方かなw)すっかり忘れて、
いつもやってるお酒を勧めちゃって、普通に苦笑いで断られた(笑)
良い子のみんな、こんなオトナになっちゃダメだぞ!!


翌日。

moblog_8d121bed.jpg

いよいよこの旅のハイライトの、知床峠越え♪

しかも快晴♪
普段なかなか晴れる事が無い場所なだけに、めちゃめちゃラッキー(^^)
moblog_5794a739.jpg

最高に気持ち良い♪


300m位登って、途中で再び知床八景のプレぺの滝を観る。
滝まで一、二キロ歩くのだけど、蝦夷鹿の親子が急接近!
moblog_4cec0a9f.jpg

ママ待って~と小鹿まで!
moblog_58b770b2.jpg
moblog_e8975628.jpg

プレぺの滝自体は余り見えなかったけど、断崖の迫力がすごかった!
moblog_eae8a810.jpg
moblog_aaca2c4f.jpg


更に1時間半、ひたすら緩い傾斜を登り続ける。
段々羅臼岳が見えて来た!
moblog_cfcba729.jpg


700mUPの小さい峠だが、美しい景色に全く疲れを感じなかった!
moblog_1ac87610.jpg
moblog_0154ec46.jpg



昼頃に、頂上に到達!!
最高~~っっ(^^)☆
これやからチャリンコはやめられまへん!!
moblog_f13713d0.jpg
羅臼岳!
moblog_ba1f46a4.jpg

反対側は雲海に!
moblog_5458e4d7.jpg

このまま頂上でランチして、

後はご褒美のダウンヒル!
これは更にテンションUP♪


途中熊の湯という、無料の温泉に浸かりリフレッシュ!
ちょっと熱いけど、とてもスッキリしたし、峠越えの疲れも吹き飛んだ!


午後は、再び平坦な道に戻り、真っすぐ。
夕方、キャンプ場に到着!
知床、想像以上に良かったです!!






オホーツクラインをまっすぐ。

居心地の良かった稚内を後にして、元気に出発!


オホーツク海沿いにひたすらまっすぐ、道東エリアに向かう。
moblog_2cb2e1b5.jpg


夕方、クッチャロ湖のキャンプ場に泊まる。
なかなか大きな湖だった。
moblog_1cb03805.jpg


翌日。
クッチャロ湖から、オホーツクラインをまたひたすらまっすぐ。
moblog_602bbc0e.jpg

興部という、酪農業が盛んな町に到着!
ここの道の駅は、使われなくなった電車の車両に無料宿泊出来る♪
電車にお泊まりなんて、ワクワクする(*^^*)
座席はほとんど撤去され、床は畳になっていて、快適♪
電気もあるし、充電も出来る!
近所に昔ながらの銭湯もあって、完璧!


ここで、福島県出身の男性ライダーに出会う。
彼は東日本大震災に被災し、購入したばかりの実家は全壊ではないものの、放射能汚染の為に、山形へ移住を余儀なくさせられたそう。
私は震災をチリのビーニャデルマルという沿岸部の街で知ったけど、どうしても詳細な情報を知ることが出来ないままだった。
思わぬところで、生の声を聞く機会に恵まれた。

彼はとてもひょうひょうとした態度で、余りにもあっけらかんとその様子を語る。

いやぁ、仕事も無いし、山形に居てもする事ないんだよね~。(笑)
だから、毎年行ってた北海道に旅に出る事にした。

と、なんでもない事の様にサラッと言ったのが印象的だった。

けど、話の端々に震災の話が出るのを聞くたび、ああ、彼はあの日から人生がまるで変わってしまったんだな、と思い、胸が痛かった。


その日は、彼と夜まで一緒に呑んで、快適な電車の中で眠った。


翌日。

写真を撮って、おこっぺソフトを食べて、彼にお別れをして、出発!
moblog_8e8a0169.jpg


幸運な事に、シーズンが終わったはずのラベンダー畑があった!
moblog_6ba85b9a.jpg
moblog_3699813c.jpg
ピンクのラベンダーまで!
moblog_996e56e3.jpg




その日はまたひたすらまっすぐ。
夕方、サロマ湖畔のキムアネップ岬キャンプ場に泊まる。
このキャンプ場、無料なのに、おそらくリニューアルされたばかりで、とても綺麗!
炊事場は自動点灯するし、コインシャワーは100円♪
しかも、岬になっていて、一箇所からサンライズとサンセットが見られる☆
moblog_10a40727.jpg
moblog_7795a5c6.jpg
moblog_79698dbe.jpg

最近走り続けてたので、ここで連泊する事にした!


…と、そこに。
見た事のある人が?!


それは、おこっぺで出会ったライダーさんだった!
バイクなので、一日走れる距離はチャリンコの3倍は可能なはず。
彼は知床をサクッと見て周り、たまたまこのキャンプ場に戻って来たらしい!
再会を祝して、ビールを奢って頂き、乾杯♪


翌日。

再びお別れをして、出発!

蜘蛛の巣いっぱいの緑深い道を通り、チャリンコロードを通り、あっという間に大都会網走に到着!
moblog_cbfa459e.jpg

網走刑務所をチラ見して、スーパーで買い出しして、
河川敷でランチ。
駅前付近のライダーハウスに向かうと、一泊800円だが、
まるで幽霊屋敷(笑)!!
moblog_3fb9e3e1.jpg

中はこんな感じ。
moblog_b8481c51.jpg

さぁ、明日はいよいよハイライト、知床だ!


copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。