7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
断崖の街、ロンダ
翌朝。

今日からは四日間で、アンダルシアの大都市セビーリャに向けて、闘牛の本場で有名な絶壁の街ロンダを経由して、いくつかの峠を越えるルート。
少しハードになりそう。

途中力尽きて、野宿しても良いように、リーデルで買い出ししていく。

暫くは郊外へ抜ける為のフラットな道だったが、昼頃に自然公園に入ると、本格的に山道になってきた。
気温はやはり、36℃と、暑い!!


けれど、景色も一変!!
赤茶けたアンダルシアの山道!!
オリーブ畑に白い壁の家、ブーゲンビリアの花。
花の甘い匂いと、乾いた土の匂い。
抜けるように蒼い空。
時折、風にのってヤギのカウベルの音が涼しく響く。


あーー最高☆☆☆


容赦なく照りつける強い日差しと、9%を越える長い登りが始まって、ヘロヘロになってきた頃、ユンテケラと言う小さな村に到着。
ガソリンスタンドで、コーラをイッキ飲みする!
暑い日の峠越えの後のコーラは格別☆

キャンプ場の場所を聞いて、郊外のキャンプ場へ。
暑さにバテた上に、ツナ缶の油にやられ、胃腸が痛み出したので、早めに休んだ。


翌朝。

800メートルのアドバンテージがあったので、朝から少しダウンヒル!!
キラキラ輝く朝日と、爽やかな朝の空気の中でのダウンヒルは、最高に気持ち良い♪
天にも昇るような気分で走り出す!

ダウンヒルが終わると、峠道に入り、2時間程、ひたすら登り!!
時折、逆ルートのサイクリスト達とすれ違い様に挨拶したり、工事現場のおっちゃんたちにもうちょっとで頂上やで~!と、励まして貰ったりしながら登っていると…


ばーーーーーーん!!!!


崖っぷち。
渇いた高野。
葉の無い、タフそうな植物。
岩岩した山肌に、山羊の群れ。


これは、…
来たことある!

南米や!

ボリビアとか、アルゼンチン北部のそれと全く同じような光景!!!!


またさぶいぼがたった!


これがアンダルシアの山道かぁー!
最高やね!

一人で大感動して、なだらかな尾根道を登り、1400位かな?頂上に到着。

眼下には闘牛で有名な町、ロンダの白い壁の家が見えた。
暫くそのこぢんまりとした町並みを眺めたら、後は緩やかに下りながら町に入った。


流石はヨーロッパ、こんな山奥の僻地やのに、意外と街として発展している!
ガソリンスタンド、駅、スーパー、教会、学校と、必要なものはきちんと整っていた!

キャンプ場は郊外と言うか、ほぼ街の外の南外れにあり、中心からはかなり遠い場所にあった!
その為、先に買い出しや用事を済ませてから行くことにした。

ガソリンスタンドでWi-Fiジャックしていると、こないだのモハカルのスパニッシュ達から安否確認メッセが来ていた(笑)!!
無事ロンダに着いた事を報告すると、安心していた。
ロンダはタパスが美味しいから、楽しんでと。
ひとりバルはしないけど、ありがとう。


キャンプ場は素晴らしく綺麗で、高いのかと思いきや全然安くてとても良かった!
オリーブの木の下にテントを張り、一先ずシャワーを浴びてランチする。
軽くお昼寝すると、夕方になっていた。


夕涼みがてら、空荷の自転車で街ブラすることにした。

それにしても、ここいらの町並みは美しい!
くねくね坂の細い石畳の路地に
、色とりどりの花を飾った白い壁の家!!
そして、なんといっても断崖に築かれた旧市街は、今まで見たことのない美しさだった!
おとぎ話に出てくるような、本当に幻想的で、かつ壮大な景色だった…。
夕焼けに照らされた美しい街を、うっとり眺めること一時間…

…はっ!

完全にいってもうてた!!(笑)


慌ててキャンプ場へ戻り、夕食を摂り、早めに休む。

スポンサーサイト
アンダルシアの旅①
グラナダからモトリル迄は、結局車で戻り、モトリルからわたしのひとり旅は再開した。


結局5日間共にした皆と写真等とったりしていると、昼からの出発となった。


今日は海岸沿いの、いわゆるコスタ・デル・ソルと言う世界的にも有名なビーチリゾートの街を横切るルート。

リアス式海岸の小気味良いアップダウンを繰り返して、断崖絶壁の自然公園を抜けた頃には、40℃近くになっていた。
確かに暑いけれど、浜風のお陰で快適に走ることが出来た!


夕方、キャンプ場を訪れるもリゾート地と言うこともあり、16ユーロと高いので、それならもう少し走ったらマラガと言う大きな街でホステルに泊まった方が、同じ値段でベッドで眠れる。
結局86キロ地点のマラガ迄向かった。

マラガに入るには、ハイウェイの路肩をはしらなけらばならない。
けどどこまでが自転車の走行が可能な道路なのか、わからない。
困っていると、自転車に乗った、地元の男性が通り掛かった!

彼「どうしたの?」

私「マラガに行きたいけど、どの道を行けば良いか、わからないんです!」

彼「ほな、ちょうど今から僕もマラガに行くから一緒に行こう!」

…と言うことで、案内してもらうことになった!


彼は近郊の街に住んでいて、マラガの港で観光客向けの土産品を売っている店で働いているそう。


彼「ところで今、何時?」

私「5時15分ですね。」

彼「やばい!5時から仕事やねん!
ボスに怒られる!(笑)」


…とか言いつつ、私の旅に興味津々で、女の子ひとり旅に驚いたり、私の泊まるところは決まってるか、困っていることはないかと、気にかけてくれた(笑)
幸い、街にさえ入れば、事前にホステルの場所は調べておいてわかるので、もう大丈夫だった。


私「ご親切に、どうもありがとう♪
ボスに怒られないように、幸運を祈るわぁ(笑)!!」

彼「うん!(笑)
今後の旅、気を付けてね!
良い旅を♪」

とお礼を言い、彼と別れた。

こんな都会やのに、親切を受けてとても気分が良かった♪

その日はホステルに泊まり、早めに休んだ。
明日はいよいよ峠越えだ!

copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。