FC2ブログ

7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てんやわんやな移動日。


まだ3時間位しか寝ていないけど、アラームが鳴る。
夢か現実かわからないまま、時計を見る。


ああ、せや、ここはバルセロナで、昨日は遅くまでジャズバーで楽しい夜を過ごしてたんやったっけ。

そして、この居心地の良い宿を出発して、システムの良くわからない国の電車に自転車を載せて移動しなければならない。


ううう…
夢であってほしい。(笑)

憂鬱な気分で荷造りして、出発。
朝もやの人もまばらなバルセロナの街を、駅に向かう。


チケットは購入してある。
後は乗るだけ。
こんな簡単なことをするのに、一時間近くかかった!(笑)
この駅員達が、偉い無愛想、不親切で、鬼のようなやっつけ仕事振りなのだ!

チケットを見せて、どこにいけば良いか訪ねると、みな、

ん~…アッチ。

みたいに指を指すだけ。

だから、この大きな自転車をどうやって狭い改札口に通すの?って何度も聞くが、要領を得ない。
これだから、都会はキライだ(笑)!!

何人目かにやっとこさ、改札口を開いてもらい、ホームにたどり着けたのだった。


更に!
電車がホームに滑り込んで来て、いざ、乗るのだが、どの車両かわからない。
フランスのように、バリアフリーではなく、どれも階段の乗車口で重い自転車を乗せるには困難だ。
まわりのひとに貨物車両とか自転車を載せられる車両を聞くも、知らない、と。
始発駅ではないので、停車時間は1、2分。
しまいに、出発の警告音が鳴り出し、焦る!!
ヤバい!!
1日に一本しかのれへんのに!


すると、若い男の子が、自転車を担いで、貨物車両でもない、普通の車両に積み込んでくれた!
わたしもお礼を言いながら飛び乗り、同時に扉は閉まった。


あーーーー危なかったぁぁ!!


とりあえず、ほっと肩を撫で下ろす…暇もなく、普通の車両に割の多い乗客。
こんなデカイ荷物を積んだ自転車を載せて、わたし、もしやかなりの迷惑では…f(^_^;


もちろん、自転車を立て掛けたりするスペースなぞなく、動く車両の中、更に重い自転車を支えなければならない!!
これは地味にシンドイ(笑)

バレンシア迄、四時間半。
わたし、もしかしてずっとこのまま?!?!


青ざめたわたしを乗せて、急行列車はバレンシアへ向け出発した。



二時間程経っただろうか。
だんだん人が空いてきた。
景色も田舎の海沿いに変わってきた。

やっとこさ、二人ぶんのスペースを確保して、自転車を支えつつ、座席に座ることが出来たのだった!
あーーーー良かった♪
ここでやっと、肩を撫で下ろす事ができた。


バレンシアへは14:20頃に到着。
やっと解放され、スッキリしたら、自転車に股がり、ホステルへ。
しかし、そのホステルが移転していたのと、バレンシアもまた、道がぐちゃぐちゃで、迷いに迷って、結局別のホステルに16時頃に辿り着いた!!


しかも、サッカーの試合があったようで、宿の前のbarがメチャメチャウルサイ為、なかなか眠れず、てんやわんやな1日が終了した。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。