7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンダルシアの旅①
グラナダからモトリル迄は、結局車で戻り、モトリルからわたしのひとり旅は再開した。


結局5日間共にした皆と写真等とったりしていると、昼からの出発となった。


今日は海岸沿いの、いわゆるコスタ・デル・ソルと言う世界的にも有名なビーチリゾートの街を横切るルート。

リアス式海岸の小気味良いアップダウンを繰り返して、断崖絶壁の自然公園を抜けた頃には、40℃近くになっていた。
確かに暑いけれど、浜風のお陰で快適に走ることが出来た!


夕方、キャンプ場を訪れるもリゾート地と言うこともあり、16ユーロと高いので、それならもう少し走ったらマラガと言う大きな街でホステルに泊まった方が、同じ値段でベッドで眠れる。
結局86キロ地点のマラガ迄向かった。

マラガに入るには、ハイウェイの路肩をはしらなけらばならない。
けどどこまでが自転車の走行が可能な道路なのか、わからない。
困っていると、自転車に乗った、地元の男性が通り掛かった!

彼「どうしたの?」

私「マラガに行きたいけど、どの道を行けば良いか、わからないんです!」

彼「ほな、ちょうど今から僕もマラガに行くから一緒に行こう!」

…と言うことで、案内してもらうことになった!


彼は近郊の街に住んでいて、マラガの港で観光客向けの土産品を売っている店で働いているそう。


彼「ところで今、何時?」

私「5時15分ですね。」

彼「やばい!5時から仕事やねん!
ボスに怒られる!(笑)」


…とか言いつつ、私の旅に興味津々で、女の子ひとり旅に驚いたり、私の泊まるところは決まってるか、困っていることはないかと、気にかけてくれた(笑)
幸い、街にさえ入れば、事前にホステルの場所は調べておいてわかるので、もう大丈夫だった。


私「ご親切に、どうもありがとう♪
ボスに怒られないように、幸運を祈るわぁ(笑)!!」

彼「うん!(笑)
今後の旅、気を付けてね!
良い旅を♪」

とお礼を言い、彼と別れた。

こんな都会やのに、親切を受けてとても気分が良かった♪

その日はホステルに泊まり、早めに休んだ。
明日はいよいよ峠越えだ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。