FC2ブログ

7/10から9/26まで、自転車でヨーロッパ横断してきます! 画像アップが、上手くいかないので、暫くは文字のみでお願いします!(>_<)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖地へ。
ムンバイーから一泊二日電車に乗り、ヒンドゥー教の聖地、ヴァラナシへ。
IMG_7927.jpg


ここは世界をどれだけ探しても、ちょっと見当たらない、特殊中の特殊な町だ。


旧市街は、迷路のような人間が二人分くらいの幅の細い路地。

牛やヤギや猿、おびただしい数の犬。


そしてなんと言っても見所は、ガート(沐浴所)。


旧市街はこのガートに沿って出来ており、つまりはガンガー(ガンジス川)に面している。

迷ったらとりあえずガートへ出るとだいたいどの変にいるのかがわかる。
IMG_7942.jpg
IMG_7945.jpg




ノリでジャンベを習ったりしているww
結構楽しくて、先生もいい人。


ヴァラナシでの生活は、

朝6時にガートへ行き、人間ウォッチング。

たまにボートをチャーターして、火葬場へ行ったりする。

ここではインド中の人々の亡骸が運ばれ、火葬され、ガンガーに流される。

私は生まれて初めて人間が燃え、灰になってゆく様を見た。


不思議と怖くは無かった。
きっとこの街の雰囲気がそうさせてるのだろう。

人々はガンガーの水を飲み、ガンガーの水で洗い、最後はガンガーに帰ってゆくのだ。

こうやって書けば、その雰囲気はさぞ厳粛に思えるのかもしれないが、

それとは完全にかけ離れている。。。!!

雰囲気はあくまで日常。
人々の喧騒だ。
写真を見てもらえばきっと伝わるだろう。。。

CIMG2355.jpg
CIMG2351.jpg
CIMG2348.jpg
CIMG2347.jpg
CIMG2346.jpg
CIMG2345.jpg



インド人はあくまでもインド人だったww

どこからかチャイ屋が来て、素焼きのコップにチャイをくれる。

チャイをすすりながら、ぼさ~~~っとその様子を眺めて、朝が終わる。

簡単にモーニングして、JOLLYのジャンベ教室へ。
終わってからも世間話なんかしてると、あっという間に夕暮れ。


後はホテルでくつろいだり、カフェで日記を書いたり、、、


毎日それの繰り返し。
けれど毎日何かが起こる。

日本人がガンガーで溺れて運ばれたり、
赤ちゃんの犬に会えたり、
めっちゃ声の高いサドゥー(修行者)に会い、人生の幸運を祈ってもらい、
後で「ボク、足怪我しちゃったんだよね~。。。」とかいってバクシーシ(喜捨)請求され大爆笑したり。。。

悪ガキインド人や、おもしろインド人、色んなヤツが、金目当てだったり、暇つぶしに絡んでくる。

うざいけど、それもまたこの街の醍醐味だろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ジャンベー!!
ジャンベー???

知らない、ワカラナイ(゜_゜
2008/04/04 (金) 16:49:48 | URL | ぽかり #-[ 編集]
ぽかり


太鼓やん!!た、い、こ♪
2008/04/05 (土) 13:15:21 | URL | あー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/11 (金) 21:32:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 azumiの旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。